ホーム > 生活 > 配偶者としての活動

配偶者としての活動

配偶者としての活動を私がやっているかというと、もうかれこれ3年くらい夫と別居しているので、かなり不味いのです。でも、別居の事実は、入管には知られていないので、どうにか更新はできていますが、もうそろそろきちんとした行政書士さんにお願いして、私の在留資格の問題、すなわち配偶者としての活動の問題を解決したいと考えています。
そんなことを考えながら、伊丹の著作権切れの文章を読んでいました。以下、著作権切れなので、皆様とシェア。中学時代の同窓にNという頭のいい男がいた。海軍少尉のとき、肺を病つて夭折したが、このNの妹のK子が私の妻となつた。
 妻の父はトルストイにそつくりの老人で税務署長、村長などを勤め、晩年は晴耕雨読の境涯に入り、漢籍の素養が深かつた。
 私の生れは四国のM市で、妻の生れは同じ市の郊外である。そして彼女の生家のある村は、同時に私の亡き母の実家のある村である。だから、私が始めて私の妻を見たのはずいぶんふるいことで、多分彼女が小学校の五年生くらいのときではなかつたかと思う。
結婚以来、これという病気はしないが、娘時代肺門淋巴腺を冒されたことがあるので少し過労にわたると、よく「背中が熱くなる」ことを訴える。戦争中は激しい勤労奉仕が多く、ことに私の家では亭主が病んでいるため隣組のおつき合いは残らず妻が一手に引受けねばならず、見ていてはらはらするようなことが多かつた。家の中でどんなむりをしても外へのお義理を欠くまいとする妻は激しい勤労のあとでは決つて二、三日寝込んだ。こんなふうでは今にまいつてしまうぞと思つているうち、妻より先に日本のほうがまいつてしまつた。
 身長は五尺二寸ばかり。女としては大がらなほうである。
 きりようは――これは褒めても、くさしても私の利益にならない。といつて黙つているのも無責任である。だが――考えてみると妻もすでに四十四歳である。彼女の鬢に霜をおく日もあまり遠い先ではなさそうである。してみれば、私が次のようにいつても、もうだれもわらう人はあるまい。すなわち、「若いころの彼女は、今よりずつとずつと美しかつた」と。
配偶者としての活動について、伊丹の文章は参考になりましたか?

関連記事

  1. 婚姻要件具備証明書

    婚姻要件具備証明書って何なのか、はじめは全然分からなかったんです。戸籍謄本と何が...

  2. パスポート申請代行

    パスポート申請代行は、平日にパスポート申請センターに行って、申請をしなければなり...

  3. 大田区 行政書士

    大田区の行政書士さんを誰かご存知ですか? 行政書士さんって、何をする仕事なのか最...

  4. 帰化申請

    帰化申請における素行要件の判断基準について見てみましょう。素行の善良性というのは...

  5. 配偶者としての活動

    配偶者としての活動を私がやっているかというと、もうかれこれ3年くらい夫と別居して...

  6. 浮世絵探し 北さん堂

    和本探し 北さん堂  数百年の時を超えた本たちを現代のツールを使ってご...